【まんが】カンボジアのプノンペンで Wi-Fi の野良電波を調べてたら予想外のヤバイ場所に行き着いた

mrugdprk00-076cfc4da805521ced009d99547dc0e16c195031

海外旅行に行く時に、気になるのがその国のネット事情だ。速さはどうか。Wi-Fi は飛んでいるのか? 有料なのか無料なのか。パソコンを使って仕事をしている人ならば、特に気になるところだろう。

今でこそ、どこの国でも Wi-Fi環境は常識だ。発展途上のアジアの国でも、Wi-Fi なんて当たり前。だが、今から約10年前のカンボジアでは、Wi-Fi の電波は激レアだった。どんな状況だったのかは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かる。

2003年ごろのカンボジアの首都プノンペンの Wi-Fi事情をレポートしているマンガは、漫画家マミヤ狂四郎氏が海外で描いた『アングラ君』シリーズだ。ちなみに、この漫画に登場するミッキーマウスのような顔の男は、作家のクーロン黒沢氏である。

この当時、クルマに乗りながら街中を走ってフリーのWi-Fi電波を調べる「ウォードライビング」なる根暗な遊びが、一部のマニアの間で流行していた。日本ではあまり流行らなかったが、マミヤ氏は東南アジアに飛び交う野良Wi-Fi電波を見つけては、ウヒウヒと喜んでいたという。

クーロン黒沢氏が運転するクルマに乗り込み、電波を調べまくるアングラ君。やがて怪しい電波を発見し、ドキドキしながら追跡してみると、なんとそこには……!? 漫画のURLは(http://wp.me/p25BsW-1zCM)。それではどうぞお楽しみ下さい。彼らが最終的に行き着いた地獄の一丁目とは何なのか……教えて!! アングラ君!

参考リンク:クーロン黒沢
漫画: マミヤ狂四郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

エンタメ

  1. 3ecd5c2f-5ef1ab21ad21220a90ecf7a655f7c28f1c74874e
    1: ◆qQDmM1OH5Q46  《 &…
  2. 5a5e9aa9-4a4491bd28c6baaa1d937cf548e5c24cf357e5b8
    1: 名無しさん@…
  3. 03916757-97a76942b62231bdb7cdfe33afa83e1a95a9dd16
    1: 2017/01/07(土) 11:58:17.72 ID:CAP_USER…

カテゴリー

ページ上部へ戻る